raffinato blog | 芦屋 ラッフィナート ブログ

旧ブログです

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

イタリア野菜の種

今から夏に向けて種まきを始めるイタリア野菜。

種は島中さんがヨーロッパより取り寄せたもの。


その種を実際に見せていただきました




SEDANO DI MONTE

セダーノ・ディ・モンテ

直訳すると セダーノ=セロリ、モンテ=山 なので 山セロリ
種からもワイルドなセロリの香りが漂ってきます。






SILENE INFLATA-SCUPLIT

シレーネ・インフラータ スクプリ?

この野菜が調べても全く分かりませんイタリア語の辞書にも載ってないのです。
パッケージから推測すると、みぶ菜やルッコラの親戚あたりかな・・・?






BASILICO BOLLOSO NAPOLETANO

バジリコ・ボッロッソ・ナポレターノ

直訳で ボッロッソ=泡でいっぱい すなわち葉がモコモコするのでしょうか?
ナポリのバジルです。種もバジルの香りがしています。






BEETROOT

ビーツかな?
ひとえにビーツといっても沢山の種類があるので、どんな作物ができるのだろう・・・?




種についてコメントしてきましたが、どの種も香りが強く、出来上がりの作物の状態を想像させてくれます。

それと、実際に触れることにより、収穫された時の喜びも倍増しますよね。



おそらく、島中さんはそれを思ってわざわざ持ってきて下さったと思います。
(そういう事を、恩着せがましく言う方ではないので・・・。)


島中さん、本当にありがとうございました。

収穫楽しみにしております。








コメント
不明な物はストリドーロです。イタリア人しか食べないと言われている奇特な野菜ですね。シレネの仲間なのですが、確か袋には書いてありませんでしたね…最初のはロベジ、ワイルドセロリと言ったところでしょうか。種からもイメージを膨らませられるほどアロマです。海外物は説明もなく、こちらも訳するのは大変です。でもリストランテとして相応しい雰囲気をお客様に味わっていただきたいと生産者としても努力したいと思います。追伸 先日は営業時間に納品して申し訳ありませんでした。説明不足でしたね。でも、私も楽しみですよ。また、厨房チームとミーティングですね。これからも宜しくお願い致します。
  • 島中です
  • 2010/03/19 8:04 PM
私は、イタリア人シェフですが、妻と妻の友達と一緒に、20日の夜、ディナーをしました。
「本格的イタリアンのレストラン!in Kobe」
小阪シェフの料理、ワインリスト共、素晴らしいものでした。とても素敵な時間をすごせました。
   
  • Fabrizio Ceccarelli
  • 2011/02/21 5:07 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック